totoBIGと東京オリンピック2020・・・新国立競技場に思う事

2020年に開催される夏季オリンピックおよびパラリンピック競技大会が

2013年9月7日にブエノスアイレスで開かれたIOC総会で日本の東京が

開催都市に選ばれました。

「TOKYO」

歓喜に沸いたあの時からもうすでに2年近く・・

実務としての協議が国内で急ピッチで進んでいますね。

そのひとつがメイン会場となる「新国立競技場」の建設ですね。

世界的に有名な建築家がエントリーしたコンペにて採用されたのだが、

あの競技場のデザインを見た時に思った事・・・

spo1507130005-p1

ハンターハンターと言う漫画の敵?の蟻の親分の帽子に見えた。(笑

たとえが悪くて申し訳ないが、まぁ、なんじゃこりゃって感じ。

この競技場の建設費の予算がなんと2500億円と。

元総理の「たった2500億円」との発言を含め、こんなに国民の血税が使われるのは

なんとも許しがたいと思っていたら、計画の白紙撤回が決定。

再度計画をやり直すらしいが、工期がギリギリになりそうな予感。

早く決めてやって欲しいが、総額予算とその財源の確保が問題ですね。

この大事な財源のひとつがtotoBIGのスポーツ振興くじの売上。

すでに平成13年、14年分の109億円が確保されており、開催される2020年

までに約300億円が見込まれているそうだ。

毎週購入しているtotoBIGがオリンピックの一助となるのは自分にとっては

嬉しい限りなんだよね。

ところがスポーツ振興くじを管轄してる文部科学省はこのトトビッグの財源の

倍増を狙っているそうなのだ。

イベントに合わせて「特別くじ」を発行するのは常とう手段だとは思うのだが、

安易に取れる所から増やしてやろうではなくて、しっかりとした計画をもって

やって欲しいと思う。

また新たなスポーツくじの発行について別の機会に書きたいと思うけど、使い道

は慎重にと・・・机上の理論で議員が考えているのは、利権と金だけだもん。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする