ロト6でついに1等6億円が出た!まずはひとつ横並びに・・

先月こんな記事を書いた。

「宝くじがtotoBIGを意識した改革-ロト6&ロト7の1等賞金を増額する。」

宝くじがtotoBIGを意識した改革-ロト6&ロト7の1等賞金を増額する。
皆さんがよく見ているtotoBIGの公式サイト このサイトの正式なタイトルをご存じだろうか? それは、 「...

そうロト6とロト7でキャリーオーバー時の1等最高当選額がそれぞれ6億円、10億円と増額されたのだ。

ロト6においては2017年2月9日からの抽選から適用されていたのだが、あれから約1か月・・・

今週の木曜日、2017年3月16日 第1157回 ロト6にて1等6億円が1口出ました。

すでに3回前の第1154回の抽選でこれまでの最高賞金の4億円を超えていました。

※472,134,000円が2口当選

そろそろだろうなぁ~と感じてましたが、ついに出ましたね。

ロト6の場合はおよそ2回のキャリーオーバーが連続して発生した場合に出る感じです。

残念ながらロト7での10億円はまだオアズケ・・・

ちなみにロト7の場合には、約3回のキャリーオーバーが必要みたいですね。

やはり1等が増額された部分のしわ寄せが下位の等級に出てますよね。

当選した場合の理論値金額

2等:約1,500万円⇒約1,000万円

3等:50万円⇒30万円

4等:9,500円⇒6,800円

※5等は原則1000円で固定

当たり前と言えばそうなんですが・・・

とりあえず宝くじもひとつサッカーくじtotoBIGと同じ実績となりました。

それでも当選確率は圧倒的にサッカーくじtotoBIGが勝っています。

でも1口は300円なんだよなぁ~

う~ん・・・

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする